かつらに関係する職業についている人

かつら。
髪のけが少ない人がもちいる、便利グッツといってもいいだろう。
さて、このかつらに関係する職業についている人は、髪の毛が薄いほうがいいのだろうか、それとも、髪の毛が濃いほうがいいのだろうか。
まずは、かつらに関係する職業とはなんだろうか。
まずはかつらを作る人、かつらを売る人、こんなものだろうか。
では、この二つと二パターン、合計4つの場合について、髪の毛が薄いほうがいいのか逆に濃いほうがいいのだろうか、考えてみよう。



まず、かつらを作っている人については、正直、どちらでもいいような気がする。
まず最初に、髪の毛が薄い場合、作るときに、見本が無いということは、まず無いであろう。
おそらく見本があるはずだからである。
したがって、特に有利ということも、不利ということ無いはずだ。
次に、髪の毛が濃い人もやはり、見本があるなら、有利なことも、不利なことも、無いはずだ。
ということは、かつらを作っている職業の人は、髪の毛が薄かろうが、濃かろうが関係ないのだ。



次に、売る人についてはどうだろう。
髪の毛が薄い人が売った場合、買う側は、どう思うのだろう。
当事者になって考えてみると、買いに来たということは、少なからず薄いということを認識しているということだ。
ということは、毛の薄い店員を見ると、自分もこんなのかと思い、自分は違うぞと購入するはずだ。
では、濃い人の場合はどうだろう。
おそらく、対抗意識がでてきて、自分もこのようにと思い、購入するであろう。
結局、かつらに関係する職業の人は、髪の薄さや濃さは気にしなくてもいいのである。

2009-09-05ブログテーマかつらの一覧. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply