伸びてぽっちゃりもなおり

児童は少しずつ語彙を増やしていきます

で行かなくても、タンポポの原理に合致することができる。親が死んでしまえば、かつての貧しい親たちは泣く泣く子を奉公に出さねばならなかった。よっては、タンポポの原理を実践する機会に恵まれていたのであるやむなくそうしたのだが、国民の九割までが自分の生活を中流的と感じている現代においては、が大きいように思われる。意識的にタンポポの原理を考える必要ものを食べるだけでまったく排泄をしない人たちがしたらどうだろう。糞づまりだと言って大騒ぎになる。お医者にかからないといけない。

せっかく食べたものだから、体の外へすててしまうのはもったいない、などと言う人はあるまい。ところが、学校へ行っているこどもは、とにかく覚えよ、忘れてはいけないと教えられる。親たちもそれを不思議だと思わない。こどもがおかしいと言うわけがない。つめ込んだだけで、不要になったものをすてるつまり、忘れてやらなければ、頭の糞づまりになる。

  • 子育ての目的“自信”を植え付け“やる気”を持たせる事
  • 幼児がわかりやすいように赤ちゃんが生まれる穴があると教えて変にごまかしたりせず
  • 子どもに体験させる機会があってもよいと思います

子どもはさらに泣きわめくでしょう

子どもにまかせてやってもらいましょうお手伝いをさせるにはそれこそ私が子育てに興味を持ち、いろいろ勉強したり、考えたりしている時、私の上司(その当時の社長)はこう言いました。「マイホームパパになるなよ」その方は『男は仕事だ!』を前面に掲げるような方で、いわばモーレツサラリーマンでした。常に仕事を最優先して「仕事さえきちんとやっていれば、子どもはきちんと育つ」のようにも言われていました。私からすると「そこにどんな根拠があるんだよ!」って突っ込みたくなってしまうほどだったのですが私の中では明確にんから」といつも思っていたのでした。(口にはしていません·笑)「自分は仕事なんかよりも家庭の方が大事です。仕事はいくらでも替えが効く。

幼児たちとでも家庭には替えはありませ今は、男性の子育て参加も推奨してくださっている企業も増えましたし、「自分も緒になって子育てをするんだ!」と思ってくれる男性が増えた事を私は何より嬉しく思います。私のホームページを御覧になる方、講座を学んで下さる方の中にも男性が増えました。また、増えると同時に「あ、これはちょっと注意してほしいな」と思う事も出てきました。ですからこのでは、お父さんが子育てに参画するにおいて、こんな事に気を付けてもらうといいですよというお話をさせて頂こうと思います。そのお願いの1番目に挙げるとするのなら「先生にならないで」という事です。

しつけようとしているんです

また、お調子者ゆえに、周りからの期待に必ず応えようとします。し、その反応を確かめています。うまくいくかは別として、周りからどのように見られているかをよく理解しています。周りに向かって過剰にアピールしますそのタイミングで周りから良い反応や笑いが起こったりしたら、そりゃもう!大興奮です!その期待値のさらに上の期待にこたえようとします。どんどんエスカレートしていきます。「そのあたりでやめとけばいいのに!」とお母さんはよく思います。なんでも加減が大切と。

ノイローゼになる思春期以後の幼児は

育児が小学校化してしまったからなのですそれはしかし残念ながら、男の子にはその微妙な加減の調整機能がついていません。お母さんがガスコンロでご飯を炊いているのに対して、お母さんの火加減調整能力は、男の子にはありません。男の子はぶっとい薪でキャンプファイヤーのようにご飯を炊いていると思ってください。勢いの良い火の中で最初は良い感じのご飯も、やがて黒焦げになるでしょう。「その手前でやめておけばいいのに!」とお母さんは息子を見て何度思ったことでしょうか。

子どものリアクションは

子どもが増加しているのです意欲のない子どもは

簡単な質問に慣れてきたら、今度はちょっと考えさせる質問です。お昼がラーメンなら「お母さんはみそ味にするけど、あなたは何味にする?」と。休日にどこかに行くなら「あなたはどこに行きたい?」と。新しい服を着て「似合う?」と(「ビミョー」と言われても怒らないこと)。そうしてほっこりさんが答えた時に、心がけてほしいことがあります。

それは「出した思いを否定しない」。これです、これにつきます。せっかく勇気を出して言ったんです、肯定してください。なぜって?否定したり、こちらの考えを押しつけることがあるからです。おとなしいのをいいことに。「塩ラーメン?そんなの海水みたいなもんじゃない。みそにしようよ、とかね。ここで一句。「言えと言われ口に出したら怒られたこれではまた、言えないほっこりさんに逆戻りです。

  • 子どもの脳はたったこれだけの会話でも何段階も進化したことになるのです逆に言うと
  • 育児と呼んだ方がいいかもしれない
  • 幼児が遊びに来ても

育てで絶対に大事なことは

幼児がする事ごく自然にしゃべっているだけで母乳語になる。方言など遠慮するに及ばない適当に方言がまじった方が、あたたか味があってよろしいもちろん赤ん坊は字を知らない書いてわかるような言葉を使う心掛けはいる。文字で見ないとわからぬような言葉は母乳語として有効ではない。最近は女性の教育水準が高くなった。結構なことである。語の先生としてはその高い教育がじゃまになる点だ喜んでよい。

教育を担当しているようではひとつ、困ったことは、学校では難しい漢字の羅列の本を読まされる。そういう若い女性がお母さんになると、どうしても、漢字の言葉を多く使いやすい。赤ん坊にとって役に立たない母乳語になる。それにひきかえ、昔の母親は教育がないと言って嘆いた。難しい言葉は使いたくとも知らない。

片付けをきらう幼児は

イントを意識してみましょうポイントを抑えるだけで、子どもの好奇心をさらに引き出し、生きる力を伸ばす効果がちょっぴり上がるはずです。視点を持っていれば、正直「あーあ、いい加減にしてほしいな」と思ってしまうような退屈な遊びの相手をしていても、「今、大事な力を煌しているところだもんね。もうちょっとつきあってあげなきゃ」と、ちょっぴり前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。おすもう、体を使った昔遊びで運動能力の器が広がるそうでもありません。スポーツ科学の世界では、運動神経は遺伝ではないかと思い込んでいる人が多いようですが、運動神経は、親からの遺伝よりも、幼児期からの運動経験の質と量によって決まる部分が多いことが常識となっています男の子だったら、やっぱり運動神経は良いにこしたことはないですよね。

コミュニケーションができていないことや

まっさらの人を育てる昔の子どもであれば誰もが子どもの運動神経を良幼児期からの運動経験の質と量が大切だとは言いましたが、特別な訓練をする必要はありません。体を使った昔ながらの遊びには、やっていたような遊びを、毎日くたくたになるまですればいいんです。くする要素がふんだんに盛り込まれているのです。その代表格が、木登り、鬼ごっこ。木登りをすることで、バランス感覚も筋力も、空間認知能力も鍛えられます。

幼児を保育園に預けて働いていると

育てていく努力を絶えず続けていくことが必要ですそこに

子どもの脳の中にはごじゃる丸↓歯磨き↓園バスというチャートのイメージができやすくなるのです
テレビが終わったときに「あれ?ママ、絵本は?」ということになります。そこで「だって、さっきあなたがテレビ見てたんじゃない」と言っても筋が通りませんテレビを見ているときに「絵本はいいの?今ならいいけど、さらに後でだとママ困っちゃうよ」と伝えたうえで、「じゃ、テレビのほうがいいから絵本はいいや」と選択した時点ではじめて約束は無効になるのです。約束って必ず守れるものでもないって親が自らそこをズルしていたら子どもだって約束を守らなくなるのは当然です。ことは大人ならみんなわかってますよね。それでいいんです約束を守れなかったらどうしましょう?理由を説明して謝ればいいんです。

幼児のエネルギーは発散されず

「絶対に約束を守る親」にはなれないけれど「約束を守るために誠意を尽くし、守れないときには自分の子どもにも誠意をもって謝れる親」にはなれるはずですよね。だから子どもに教えるべきは「約束を守りなさい!」ではなく、「約束を守るように誠意を尽くしなさい。もし約束が果たせないときは一生懸命謝りなさい」ということだと思います。そもそも親がそれを態度で示していれば、子どもにも自然にそういう態度が身につくはずです。それともう一つ。子どもが何か悪いことをしでかしたときなんかにキーワードが利用されますよね。

 

育てるときにぜひ意識してほしい

知育ブームですから、なるべく早くから知力を育てなければと焦ってしまうお母さんも多いでしょう。その焦りが問題を引き起こしてしまうこともあります。以下のケースをお読みください。有名私立中学に合格したCちゃん小さいときから優秀なCちゃんは、小学校3年生から塾通いに励み、難関有名私立中学に合格しました。入学して2カ月で、突然不登校になりました。心配してしつこく理由を尋ねるお母さんに、大声で彼女は叫びました。

しつけはそれをどのようにしてすくなくして行くか
「ママが勉強しなきゃラクできないって言うから、大嫌いだけど勉強を頑張って頑張って、やっといい中学に入ったのに、わばり全然ラクにならない、くなっただけ!クラスの子はみんなデキるのに、私だけどんどん落ちこぼれていく。自分は最低。生きていてもしょうがない!」それどころかますます勉強が増えて軋これは私の診察でもよく見られる例です。このような「燃え尽き症候群」とも言える有名私立中学の生徒が急増中です。Cちゃんの子育て、いや脳育て、どこが間違っていたのでしょうか?独学で国立大学に行ったD君は12歳の6年生。お母さんは体が弱く、小さいときから彼は買い物に行ったりご飯を作ったりしてお母さんを支えてきました。

 

育てが十分できない!

わがままや甘えが通用しないように、小さい時から恐怖を植え付けてきたから出来ることなのかも知れないが...。単純労働は風呂洗いや洗濯物干しと言う極めて簡単なことだ。それをさせることの意味は、自分がだらだらとしていたかったり、好きなことをしていたい時間を割いて働くことで、子どものうちに、自分の時間が人の役に立つことで、お金になるのだと実感させなければならない。対価をもらうのだと言うシンプルな理屈を習慣にしてしまうことになる。頭脳労働としてはテストの得点を評価する。

子どもたちにも上手に話を聴く技術が伝染します

その回路がない子どもが働こうなどと思う訳がない。我が家ではお小遣いをもらう手段が一つある。単純労働として、家事の手伝いをすること。頭脳労働として、一定以上の学校の成績を納めること。ほとんどの家が同じようなルールを作っていると思うが、我が家ではそれぞれに例外は認めない。働かざるものは何も得られない。

子どものことを放り出していたのでは

幼児はいい子と“素の自分”に折り合いをつけながら

子どもたちにはじて判断し「ありがとう」「感動した」「あなたのおかげで、sほっこリさんは、こう叱る察する能力にたけているので、見たままを伝えれば十分です「だめじゃない!ハサミ出しっぱなしにして」→「ハサミ出てるよ」(あ、「まだ歯みがきしてないの!」-1歯みがき、まだかな」(あ、やらなきゃ)しまわなきゃ)毎日かちかち。これがほっこりさんを揺さぶらず、でいられるヒケツです。じっくりさん▼▼▼「ねらい撃ち」何につけ、理由が知りたいじっくりさん。「なんでお月さまはついてくるの?「なんで海は青いの?「なんでシオはしょっぱいの?「なんでなんで攻撃」、結構ツラいですよね。「なんで」「なんでも!」と叫んだのは私だけですか。

育てで決まる!

こんなじっくりさんは、rざっくり」やr大ざっぱ」が嫌いです。明確な理由がほしいんです。ほめも叱りも一緒です。ねらいを定めて撃ち込んでください。言葉をつくしてです。wじっくりさんは、「上手だね」-1きれいに書けたね。「うまいね」手偏のこのハネ、角度といい、キレといい、-r曲がり方が上手スキーのエッジをきちんと立てようとしているのがわかるよ」じっくりさんは、「早くしなさい!」→「時にはプールに行くバスが来るよ。3時50分には靴をはいて出られるといいね」「飛び出すな!-「車はブレーキをかけてもすぐには止まれないの。子どもがぐずったりトラブルが起きても大丈夫

育児とそのための自分の勉強があることに気付いたのでした

習い事や食事の時間はもちろん、見たいテレビ番組のことも考慮に入れていただいたうえで、何曜日の何時から見るということを決めてください。◎勉強時間は家族もテレビを消して一緒に過ごす「タダでマナべるさかぽん先生.tv」で勉強している間は、やお仕事などを子どもと一緒にしていただけたらと思います。させるより、リビングでみんなでするほうがいいと思いますできる限りご家族の方もテレビを消して、読書そこで、目の届かない子ども部屋に行って勉強自分の部屋よりリビングで勉強する子どものほうが成績が上がる、という話をお聞きになったことがあると思います。ぼくも以前その話を聞き、自分の生徒たちにアンケートをとったことがあります。そうすると、成績の良い多くの生徒はリビングで勉強していると答えました。

育児の中で

困った事態ります私は子どもの脳
携帯電話は勉強の敵携帯電話やスマホはとても便利なものですが、勉強との相性は最悪です。音が鳴っても気がつかない位置に置かせるようにしてください。その子らしさを見守り、輝ける子に育てるには世の中にはたくさんのお子さんがいてその個性も千差万別です。でも、そんなお子さんの個性について悩んでいるお母さんもいらっしゃいます。せんさばんべつお母さんたちの中には、お子さんの行動や育ち方について自分自身を責めてしまう人も珍しくありません。
子どもの横で平気で寝られるの?などなど

そもそも幼児には言葉がやっかいなのです

そういう抽象能力があれば、数学を理解するのはすこしも困難でないはずで言語の習得がいかに後々の知的発達に大きな影響をもつか。まだよくわかっていない人たちが多いが、七、八歳くらいまでに、家庭と学校で、しっかりした言語感覚を養っておかないと、一生悔いを残すことになる。昔の人は、三つ子の魂百まで、といった。知的三つ子の魂の形成に、現代人はあまりにものんきすぎる。ピラミッド型の教育を考えれば、幼稚園ではおそすぎることになる。

お母さん先生が経験不足でろくに母乳語らしいものをやらないで育てると

幼児に困っている人がいたら
ゼロ歳児から教育は始まらなくてはならない。しかし、それでもなおおそすぎる。準備のない母親が、新生児の教育をするなどということは考えられもしないからである。ピラミッドの基底部をしっかりさせるためには、これから母親になる人たちに、本当の意味での教育ママになってもらうためのマタ-ニティ·スクールがなくてはならない。大学にばかり金をかけて、冷たくなった鉄をカンカンたたいているのに比べたら、マタ-ニティ·スクールの方がどれだけ有効かしれない。