子どもの自主性にまかせていると

子どもに何かをさせるという言葉を使っている保育者や研究者は

幼児であっても同じことです
あせもができたときは、汗をかいて皮膚がふやけ、汗をかかないようにエアコンで部屋を涼しくしたり、汗孔(汗の出口)たくさん汗をかいたときはすぐに着がえさせるか、ケアしてもなかなか治らなかったり、あせもが赤くブツブツしているだけなら、ホームケアだけで治ります。かゆくなってかきこわすようなら、小児科か皮膚科を受診しましょう。デング熱やジカ熱が怖くて外遊びを控えぎみデング熱やジカ熱など、蚊に刺されて感染する病気の流行が話題になっています。外で遊ばせるのが怖いのですが、外出するときはどのような対策をして、何に気をつけたらいいですか?(3才·男の子)外では肌が露出しないような衣服を。蚊が多く発生する時間帯や場所は避けてデング熱は先般、日本で流行しましたね。

私はこの時期を幼児でも

ジカ熱も日本で感染者が確認されていますから、今後流行することも考えられます。デング熱もジカ熱も、感染を防ぐにはなにより、流行している地域に立ち入らないこと。原因となる蚊に刺されないようにすることが基本です。流行している地域に行くことは少ないかもしれませんが、蚊に刺されることはよくありますね。蚊に刺されないようにするには、虫よけをかしこく使うこと。

 

子どもの生活史を点検してみますと

目を開いているのは、それだけでも無理をしているのであって、その分だけ胃の消化をさまたげる。胃の作業に協力する生徒はコックリコックリを始める。午後の授業は能率が上がらない。それを午前中と同じように考えているのはおかしい食事をしたら、もう勉強はやめにする。ゆっくり昼休みをとったあと、軽い運動か何かして、下校にしたらどうであろう頭を働かせるには、頭の血のめぐりをよくする必要がある。がそちらへ召集されているようなときは、頭はお留守である胃袋に食べたものがいっぱいつまっていて、食後は勉強してはいけない、ということである。

しつけママがいる
それだけ空腹のときは能率がいいということにもなる朝飯前という言葉がある。朝食前にもできるほど、簡単だ、の意味であると辞書は説明している。それはそうかもしれないが、もとはすこし違っていたのではないかと思われる。簡単だから朝飯前にできるのではなく、朝飯前だから、いかにも簡単なように見えるのではないか。つまり、原因と結果が逆になってしまったのではなかろうか。

 

しつけではない-という人がいますこの発言は

そんなことどうでもいいじゃありませんか「パパ、ママということばをどうお思いになりますか「どうって、別に……。うちではパパ、ママと言わせていますけど、理屈なんかありませんもの」たいていの家庭という学校の校長の教育的識見はまずこの程度である。それでも子は育つではないかと言われるかもしれない(それは育つでしょう。親はなくとも子は育つ、と言いますものね)このごろ学校の先生が職業として見直されたらしく、採用試験は一流企業そこのけの激しさである。ろ教員はデモ·シカ教師といって世の中からあなどられたものである「しかたがない、教師にでもなるか「教師にしかなるものがないねといった調子であるそういうデモ·シカ先生にしても、大学で教職のための特別単位をとっている。

子どもの男性は

園より母親のひざの上の方が教育の場としては重要である小学校より幼稚園、幼稚園や小学校には専門家の先生がいるが、家庭にはいない。だれが教えるのか。わかりきったこと、お母さんである。お母さんは校長先生であり、担任であり、お手伝いさんであり、何から何までをひとりでやってのける。家庭という学校はお母さんでもつというわけだこのことをしっかりわきまえもしない母親が教育ママと呼ばれて涼しい顔をしている。ものだ伺いますが、赤ちゃんが生れて、最初にお母さんがおっしゃったことばを覚えていらっしゃいますか?「さあ……何だったかしら。

幼児が自分の意志でガマンを選択する機会を与えずに

しつけにおける諸悪の根源は母親がこどもから乳離れしていない点にある

子どもたちがお母さんに好かれていると感じる事小さな出来事に対して感じる感情とすり替えられていくだろう。そうすれば、子どもの中では親の笑顔を見て感じている安心感が、ある種の条件反射だ。それくらいに人の脳とは単純なものだ。何かあるごとに、ありがとうと言い続けていると、ありがとうと思えることだらけになるし、不満ばかり言い続けると、不満だらけになる。それは全く同じ出来事に遭遇する人生であっても、180度違うように感じさせるほどのものだと言うことを知っていなければならない。

子どもを溺愛している人がいるはずですから

それだけに、子どもの情緒が育っていく過程での親の言葉や態度は大切なのだ。もう手遅れ?いやいや、そんなことはない。大人の中には、ものの見方と言葉の使い方を変えることで、絶望の淵から這い上がってきたという人はいくらでもいるのだ。さり気なく、子どもの前で使う言葉や態度を変えてみて欲しい。それは、親自身が幸せを感じることにもつながる。幼児だけで留守番中に大きめの地震が起こったら……!?

幼児に変わることはできないものです

学生の頃、英単語を覚えるにはどうしましたか。書いたり、口に出したりしませんでしたか。目で追うだけよりダンゼン頭に入りますよね。人は五感の中のひとつだけを使うより、複数使ったほうが記憶が定着しやすいそうです。でなく、触覚や聴覚も使ったほうが身についたんですねですから視覚だけしゃべりながらだから、自分のものになるのです。

しつけたくなる気持ちを

幼児はただ顔を左右に振るだけで
おそるべし.ごっこ遊びも、ごっこ遊び!動きながら、ごっこ遊びの時期この「なりきり力」、昔話や絵本、物語でも発揮されます。は過ぎてしまったという方は、こちらをどうぞ。「人に優しく」「持てる力は有効活用」寝る前やゆっくりしたい時、お話と合体することで、すーっと心に入ります。これらは正論です。ですが、口で言っても「?」です。うぞせっせと聞かせたり、読ませたりしてください。
子どもは達成感と認められたうれしさを感じます

子どもの好奇心をさらに引き出し生きる力を

第一に、部屋のスペースをとることや移動ができないということがありますし、子どもの姿を見ながら先生が弾くことができにくいということもあります。それ以上に子どもが自分で歌う声が、自分の耳に入ってくることが、幼児の音楽教育として大切であるという結論が出たからです。そこで、先生にとって勉強しやすいギターと竪笛を主に使っています。これならば、晴れた日などに園庭に子どもたちを連れ出して、みんなで歌うことができたてぶえつまり、幼児期の子どもたちにとって、どのように音楽教育をすればよいかについて、みてほしいということから、以上のようなことを述べたわけです。もう一度考え直してというのも、近所の子どもが習い始めたから!とか、お母さんの友だちに誘われたから、といった具合に、お母さん自身が自分の考えを持たず、十分に研究もしないで、何となしに音楽教室へ通わせている例が余りにも多く、その被害を受けている子どもたちがいるからです。

児童とのコミュニケーションが大きく変わります

しつけはできませんし
子どもの教育には、どのようなものにせよ、お母さんとお父さんとでよく研究し合って、自分なりの考えを固めた上で実行しなければ、子どもをかわいそうな目にあわせることになるのです。そうしたかわいそうな目にあっているかどうかは、すぐにはわかりません。それがはっきりするのは、中学生や高校生になってからで子どもがその年齢になって、小さいときに音楽教室なんかに通わせたのは、何にもならなかった-ということであれば、子どもには時間の浪費をさせたことになりますし、さらには十分に遊ぶ時間を奪っていたことにもなり、それが人格形成にも影響しているはずです。もう一つの問題は、幼児を対象とした音楽教室の先生が、子どもの心理について十分に理解していないことをあげることができます。子どもの心を理解するために、第一に、児童心理学の勉強をしておくことも必要ですが、それ以上に、目の前の子どもの情緒が伝わってくることが極めて大切です。

しつけ長に対するおじぎには

教育にとって

幼児の要求を丸呑みするのではなく
私も子供の頃に、よく店番を任されました。店番を任されると、責任の重さを感じて緊張した覚えがあります。それと同時に、親からの信頼を感じ、その信頼に応えようとしていた事を覚えています。その時の気持ちは、親から「任せられる」と言う事が、一人前に扱われたように感じ、誇らしげで嬉しかった事も覚えています。私は自分の子供にも、小学1年だったか2年だったか記憶が定かではありませんが、「ご飯炊き」の仕事を与え、子供はそれ以降今日に至るまで毎日欠かさずご飯を炊いています。

子どものおなかが当たるようにうつぶせにして

その外にも、親がご飯を作ったら、子供は洗い物を手伝うとか、その洗い物も子供と喋りながら、私が洗って子供が拭くと言ったように、なるべく子供が楽しめるように冗談を交えながらやってそうした共同作業の中で、子供から「拭いた食器を片付けて」その為、いつもお手伝いしてくれるので未だに楽です。と言う要求があれば、要求通りに食器を片付けて、出来る限り家庭の中に社会性を持ち込んで育てました。協力と分け合いこの「協力と分け合い」こそが、人間の社会性の基礎であり、協力と分け合いは「相手を信じる事」により成り立っています。今まで書いて来たように「相手を信じる」と言う事の基礎にあるのが親子の「盈着閨係」です。愛着関係が結ばれずに育つと他人を信じる事が困難になり、人を信じられなければ社会性を持つ事が出来ません。

 

子どもによく言うセリフですね

幼稚園が女の先生でないとやって行けない現実があることも、多くの人が認めている通りである。小学校に女の先生がふえたからといっておどろくことはない。ただ、男性的性格を忘れてしまうと教育は骨格を見失いかねない。目先の細かいことはやかましく言っても長い目で人間の教育は何をなすべきかというようなことが欠落しては、泰山鳴動してねずみ一匹出ないかもしれない。教育熱が高まって教育はいよいよ荒れ乱れるというおそれもある。

育てるようにと提案したことを話すと
家庭で父親と母親とが、おのおの違った役割をもってこどものしつけに当っているとき、もっとも効果をあげる。それと同じように公教育においても、男性的要素と女性的要素とが程よく調和したとき、もっともよい成果を望みうるであろう。学校に女性教員が多くなってきたのなら、それだけ意識的に男性的理念を導入する必要がある。入試問題を改善すれば教育問題がすべて氷解するように考えるのは、のを見てほしい。間違いである。もっと大局に立ってもそこに行くと、あまり学校好きではなかったと思われる政治家が教育について考えようとするのは大きな意味がある。

 

幼児達も全く同じで幼稚園

うまく忘れることができなくてはならない。どうしたら、まず、汗を流すこと。体を動かすと、頭の血のめぐりの悪いはずがない。血行がよくなる。頭も体の一部だから、体の血のめぐりがよくなれば運動などしていては勉強はできないという妙な常識を促進し、勉学への意欲を高める。頭の働きもよくなる。ができてしまっているが、適度の運動は、勉強にも体を動かすことをもっと加味しなければな同じことを続けていると疲れやすい。

教育が先になってもよく

それでせっかくの頭をダメにしてしまうことがいかに多いことか知識を習得するのは大いに結構だが、覚えたものをそのまま頭の中へしまい込んでおくのがよろしくない。だいいち知識を吸収するには頭の腹をすかせて食欲を高めておく必要がある。はげしい勉強をするのなら、それだけ積極的な忘れ方を工夫しなくてはならないであろう。これまでは忘れては困るとばかり思っていたから、わからなかったのだが、いざ忘れようとしてみると、れが案外、生やさしいものではない。忘れようとすればするほど忘れられないこともある頭の働きをよくするには、られるのか。