幼児が集中できる環境他の刺激がない=テレビなどがついていない日常の生活動作をしっかり見せてあげてください

頭のよいことや成績のよいことで過去が栄光に輝いている子どもほど

育てるための言葉を引き出す刺激二階部分を作る古い脳と新しい脳をつなぎすばらしいドライバーなら車間距離が小さくても事故を防げるかもしれない。大教育者なら生徒の前でカッポレを踊っても尊敬を受けられるであろう。しかし、凡人はそんな真似をしてはいけない。適正な車間距離をとりつづける努力が必要である。昔の人はこれを三尺下がって師の影をふまずということわざで言いあらわした。

育て上げることが大事なのです

つまり、教えを受ける側に、三尺という敬意の車間距離をとることを求めたのである。いまの世の中でこんなことを言おうものなら頭がどうかしたかと疑われる。こうなったら、教師の側で自分の影をふませないように三尺の距離を置くことを考えなくてはならないれまでの教育は、これに気が付かなかった。逆に、せっかくある距離までみずから殺して、それで話せる教師のように錯覚していたのだから滑稽である。三尺の距離を具体的に示すと、年齢差で二十年以上三十年未満となる。教育をせよといわれるのかという質問である

子育ての要はです

また産後の鬱など、精神的な疾患を患っていたり、子育てに悩みを抱えていたりする母親からは笑顔が消えてしまいます。笑顔が消えた母親に赤ちゃんは動揺し、動揺する赤ちゃんを見て、母親は悩みを深めてしまう事でしょう。そうなると、赤ちゃんは益々ぐずり、母親は益々悩みを深めてしまう事になり、負のスパイラルに陥ってしまいます。そうならない為には、子育てを重く考えずに、赤ちゃんとのハーモニーを楽しむ事です。赤ちゃんに逆さまの母親の映像を見せた実験最初、生後6ヵ月の赤ちゃんに、モニターを通して正位置の映像で赤ちゃんに笑って話しかけます。

教育においても

子供とスムーズにコミュニケーションをとることはできません
すると赤ちゃんは、モニターに映った母親の顔と声に反応して笑い出します。次に、モニターの映像を逆さまにします。すると赤ちゃんの表情は強張り、反応する事を止めてしまいます。つまり上下逆さまの顔では、人の顔と認識する事が出来ないのです。この「上下逆さまの顔を見せる」と言う事をやっている母親は意外と多いのです。
あなたははっきりと自分の意見が言える子だというポジティブなメッセジを受け取った幼児は

自発性を伸ばし

二つには、自分自身のからだとのかかわり合いです(の矢印)。三つには、自分の脳のある部分と脳のほかの部分とのかかわり合いです(の矢印)。まとめると、「脳はかかわり合いのためだけにある」と言えるのです。この一見何でもないようなひと言が、育児学や心理学や人間学·哲学·宗教学に至るまで、広範な学問分じっくりと噛みしめていただくと興味のある事実であることに気づかれる野の難問を解く鍵になるのです。ことでしょ、もう少しヒントを申しておきましょう。

教育の中では

子どもたちは抑圧されていた心を解放することができますし
こころは脳の機能だから「こころはかかわり合いのためだけにある」と言えます。そして、人はこころで生きているから人生はかかわり合いのためだけにある」と言えますしかし、ここまで言い切りますと、それは少し極論ではないかと、はじめは反発する人もおられます。この考えは極論ではなく、真実のように思えます。いろいろな意見があってよいのですが、この考えをゆっくりと味わっていただきたいと思います。否定する前Qとはどのような関係にあるのでしょうか?この「かかわり合いのためだけにある脳」の働きがこころだという点が大切です。