幼児の行動原理です

私たち大人はどこかで児童には

自分の苦悩をわかってくれる人がだれもいない。そのようなむくわれない思いでいっぱいになり、この母親は、子育てのよろこびを見失いかけているのです。このケースでは、まず赤ちゃんをよく抱いて、大きな声であやすことを指導しました。そして、掃除や洗濯や食事の用意などは、御主人に手伝ってもらうこと、上の子も夜はしっかりと抱いて、一緒に寝てあげること御主人にも私から話をした方がよいから、次回の診察日には一緒に来るように、などと話しました。この母と子どもたちの困難な状況を、よい方向へもっていくには、赤ちゃんと上の子の、どちらをもよく抱いてあげるしかありません。ほかのすべてのことを捨てるぐらいの気持ちで、子どもをよく抱くことに専念するとよいのです。このケースでは、指導をしてわずか11カ月後、いろいろな難問題がみごとに解消されていきました。母親にも優しい微笑みが回復し、赤ちゃんも母親の目を見て笑うようになり、上の子のわがままも少なくなり、言葉も覚えていきました。御主人が私の話をよく理解されたことが、大いに幸いしたのだと思いま母親の目を見ない「サイレントベビー」この例のような赤ちゃんが増えています。十年ほど前のことですが、私の外来を訪れる赤ちゃんのうち十人に1人は、母親の目を見て笑うよりも蛍光灯をじっと見つめている方が好きな、無表情の赤ちゃんでした(初期育児でよく抱いて育てることがかなり一般化してきた最近では、このような赤ちゃんが少なくなってきました。

子どもたちにもその影響が及んでしまいが
十五歳の高校生の教師は、三十五歳以上四十五歳以下のときが自然に三尺の心理距離をもっていて理想的である。教師として油の乗り切った世代だ。それより若い人は車間距離を大きくするように、それより年上の教師は距離を縮めるように努力するべき若い教師はなるべく年をとって見える努力をし、逆に年輩教師はすこしでも若々しくなることを心掛けるつまり、ナマの年齢を感じさせないようにしないと、本当の教育ができない。教育者が年の割に若いのは、知らず知らずにこれを実行しているのかもしれない。若い教師がなんとなくジジクサク見えるのも同じ理屈かもしれない。

空気の存在をカラダで確かめた児童に対し
空気の存在をカラダで確かめた児童に対し

世人、これをあなどることなかれ。人間というのはこの字を見ても、間(ま)というものが大事であるらしいことがわかる。教育は人間を人間らしくする営みだから、ことのほか師弟の間の距離に敏感である。昔の人はそれを象徴的に影をふまず“と言った。こういう言葉も忘れられたため、学校のみ多くなったものの教育はかつてない荒廃に苦しまなくてはならなくなっている。

幼児に何かをさせるという言葉を使っている保育者や研究者は
かつて教職のことを”教壇に立つ“と言ったが、いまや比喩としても有効ではない。立ちたくても教壇はすでにない。教壇をなくしてみて、これはたんなる権威の壇ではなかったことがわかった。教壇なしで先生が立つと後ろの生徒が見えない。生徒からも見えない。それで教員志望の大学卒業生の身長を一五五センチ以上と規定したこともあったのは傑作である。教壇があれば一五四センチでも先生になれたのに、不自由なことだそんなことはどうでもいい。

教育とは教師と生徒の距離において行なわれる精神の秘儀であることを、それといっしょにみんなが忘れてしまった。生徒と遊ばない教師は”封建的“と見られるのではないかと勝手に気をまわして、生徒とたわむれるあわれな教師が続出したそんな先生は、生徒にとっても結局はおもしろくないのである。教師というクルマと生徒というクルマには車間距離が必要で、それをあまりつめると、どちらにとっても危険がおこる。そういうことを戦後派の教師は知らなかった。先生にわからぬことをこどもが知るわけがない。