幼児が高めるべき力は

幼児たちは日々成長しますから

子どもにとっては悲しいことです生後15週間の赤ちゃんでも結果はほぼ同じなのですが、他人の女性で行なうと表情と声を結びつける事が出来ます。そして生後18週の赤ちゃんで実験をすると、父親の表情と声を結び付ける事が出来るのです。この理由ですが、女性は男性に比べ表情が豊かである為と考えられています。楽しげな表情の画面を見ます.赤ちゃんとのコミュニケーションを突然止める実験まず、最初生後5ヵ月の赤ちゃんに、母親が赤ちゃんの目を見て楽しげに話します。すると、赤ちゃんも楽しげにしているのですが、そこで母親が一方的に無表情になり、話をするのを止めてしまうとどうなるのでしょう?赤ちゃんは笑ったり、声を出したりして、母親とのコミュニケーションを図ろうとするのですが、それでも母親が反応しないと動揺し始めます。

子どもなりの稚拙な論理で口答えしてきます

この実験で、母子のコミュニケーションには笑顔が重要である事が分かりますまた、突然母親が反応しなくなる事は、赤ちゃんにとっては「関係の途絶」を意味します。母親から関係を途絶されたら、赤ちゃんはとても不安になってしまうのです。不安の理由は、野生動物の視点で考えれば理解できると思います。母親が自分との関係を途絶したと言う事は、天敵が迫っているか置き去りにされるかです。つまり、生存の危険に不安を感じているのです。子どもたちの姿は

育てられると世の中はガラスの向う

私が最初にしたのは、我が子の分析です。私は小学生の頃はかなりのガキ大将でしたので、虐めたくなる要素は分かります。私の子供の場合、「切り返しが下手」「まじめに受け止め過ぎる」「ボケとツッコミが出来ない」「身体的特徴にコンプレックスを持っている」など、色々問題点が見つかりましたそこでまず最初に始めたのが「ボケとツッコミ」です。そこで家庭での会話の中に、ボケとツッコミを取り入れるようにしました。最初は会話の中に、さり気にボケを入れる事から始めました。

伸ばすにはどうしたらいい?

育てるお母さんとの間の肌の触れ合いの少なかった幼児は
いきなり私がボケを入れても、慣れてないのでツッコミが入りません。そこで「違うだろ!ここは突っ込んで欲しい所だろ!」と冗談交じりに話すのです。しかし何度やっても、期待するツッコミは入りません。ツッコミがまじめ過ぎるのです。そこで、子供のボケてもいない所に、ボケ系の突っ込みを入れるようにして、子供との会話を質問型式から漫扌型式に変更しました。しかし期待する返しが出来るまで、数年の歳月を要しました。
どんなことも平気これは理想やイメージ先行型の子育てです

子どもと一緒に決めてとり組むたとえば

ゲームに時間を取られて困るのは子ども自身です。位で話をしてあげてください子どもはそれもわかっていますから、あくまで子ども本ゲームがすべて悪いとは言いませんが、他に大好きなことや夢中になって取り組めることを見つけられるよう、サポートしてあげてほしいと思います叱られる側が主役子どもを叱るって難しいですよね。みなさんもいろいろな叱り方をされていると思いますが、一番大切なことは「叱る」という行為によって、叱られた側がいい方向に向かわなければ意味がないということです。叱るという行為においては、「叱られた側」が主役です。自分がイライラしているのを解消するために叱るのではないのです自分の考えを押し付けるために叱るのではないのです。子どものために叱るのです。

教育の中で

自発性の発達はとまってしまいますそのような子どもは
ぼくが叱る時ぼくは子どもを叱る時、まず叱ったことでその子が良くなったことが想像できるかどうかを考えます。なる道筋を描けたら叱りますたとえば遅刻をしてしまう子に対して叱るのは時間が守れない、という行為に対してです。その後、したら明日から遅刻せず時間を守れるようになるかを考えます。「何時に家を出るの?」「七時五十分」「何時に起きてるの?」「七時二十分」「起きてから家を出るまでに何をするの?」「顔を洗ってごはん食べて時間割を合わせる」「じゃ、時間割を前日に合わせてみたらどう?」「そっか。そうすれば朝、時間に余裕ができる!叱るだけではうまくいきません。