子どもの自主性にまかせていると

子どもに何かをさせるという言葉を使っている保育者や研究者は

幼児であっても同じことです
あせもができたときは、汗をかいて皮膚がふやけ、汗をかかないようにエアコンで部屋を涼しくしたり、汗孔(汗の出口)たくさん汗をかいたときはすぐに着がえさせるか、ケアしてもなかなか治らなかったり、あせもが赤くブツブツしているだけなら、ホームケアだけで治ります。かゆくなってかきこわすようなら、小児科か皮膚科を受診しましょう。デング熱やジカ熱が怖くて外遊びを控えぎみデング熱やジカ熱など、蚊に刺されて感染する病気の流行が話題になっています。外で遊ばせるのが怖いのですが、外出するときはどのような対策をして、何に気をつけたらいいですか?(3才·男の子)外では肌が露出しないような衣服を。蚊が多く発生する時間帯や場所は避けてデング熱は先般、日本で流行しましたね。

私はこの時期を幼児でも

ジカ熱も日本で感染者が確認されていますから、今後流行することも考えられます。デング熱もジカ熱も、感染を防ぐにはなにより、流行している地域に立ち入らないこと。原因となる蚊に刺されないようにすることが基本です。流行している地域に行くことは少ないかもしれませんが、蚊に刺されることはよくありますね。蚊に刺されないようにするには、虫よけをかしこく使うこと。

 

子どもの生活史を点検してみますと

目を開いているのは、それだけでも無理をしているのであって、その分だけ胃の消化をさまたげる。胃の作業に協力する生徒はコックリコックリを始める。午後の授業は能率が上がらない。それを午前中と同じように考えているのはおかしい食事をしたら、もう勉強はやめにする。ゆっくり昼休みをとったあと、軽い運動か何かして、下校にしたらどうであろう頭を働かせるには、頭の血のめぐりをよくする必要がある。がそちらへ召集されているようなときは、頭はお留守である胃袋に食べたものがいっぱいつまっていて、食後は勉強してはいけない、ということである。

しつけママがいる
それだけ空腹のときは能率がいいということにもなる朝飯前という言葉がある。朝食前にもできるほど、簡単だ、の意味であると辞書は説明している。それはそうかもしれないが、もとはすこし違っていたのではないかと思われる。簡単だから朝飯前にできるのではなく、朝飯前だから、いかにも簡単なように見えるのではないか。つまり、原因と結果が逆になってしまったのではなかろうか。

 

しつけではない-という人がいますこの発言は

そんなことどうでもいいじゃありませんか「パパ、ママということばをどうお思いになりますか「どうって、別に……。うちではパパ、ママと言わせていますけど、理屈なんかありませんもの」たいていの家庭という学校の校長の教育的識見はまずこの程度である。それでも子は育つではないかと言われるかもしれない(それは育つでしょう。親はなくとも子は育つ、と言いますものね)このごろ学校の先生が職業として見直されたらしく、採用試験は一流企業そこのけの激しさである。ろ教員はデモ·シカ教師といって世の中からあなどられたものである「しかたがない、教師にでもなるか「教師にしかなるものがないねといった調子であるそういうデモ·シカ先生にしても、大学で教職のための特別単位をとっている。

子どもの男性は

園より母親のひざの上の方が教育の場としては重要である小学校より幼稚園、幼稚園や小学校には専門家の先生がいるが、家庭にはいない。だれが教えるのか。わかりきったこと、お母さんである。お母さんは校長先生であり、担任であり、お手伝いさんであり、何から何までをひとりでやってのける。家庭という学校はお母さんでもつというわけだこのことをしっかりわきまえもしない母親が教育ママと呼ばれて涼しい顔をしている。ものだ伺いますが、赤ちゃんが生れて、最初にお母さんがおっしゃったことばを覚えていらっしゃいますか?「さあ……何だったかしら。