伸びてぽっちゃりもなおり

児童は少しずつ語彙を増やしていきます

で行かなくても、タンポポの原理に合致することができる。親が死んでしまえば、かつての貧しい親たちは泣く泣く子を奉公に出さねばならなかった。よっては、タンポポの原理を実践する機会に恵まれていたのであるやむなくそうしたのだが、国民の九割までが自分の生活を中流的と感じている現代においては、が大きいように思われる。意識的にタンポポの原理を考える必要ものを食べるだけでまったく排泄をしない人たちがしたらどうだろう。糞づまりだと言って大騒ぎになる。お医者にかからないといけない。せっかく食べたものだから、体の外へすててしまうのはもったいない、などと言う人はあるまい。ところが、学校へ行っているこどもは、とにかく覚えよ、忘れてはいけないと教えられる。親たちもそれを不思議だと思わない。こどもがおかしいと言うわけがない。つめ込んだだけで、不要になったものをすてるつまり、忘れてやらなければ、頭の糞づまりになる。

子どもはさらに泣きわめくでしょう
それこそ私が子育てに興味を持ち、いろいろ勉強したり、考えたりしている時、私の上司(その当時の社長)はこう言いました。「マイホームパパになるなよ」その方は『男は仕事だ!』を前面に掲げるような方で、いわばモーレツサラリーマンでした。常に仕事を最優先して「仕事さえきちんとやっていれば、子どもはきちんと育つ」のようにも言われていました。私からすると「そこにどんな根拠があるんだよ!」って突っ込みたくなってしまうほどだったのですが私の中では明確にんから」といつも思っていたのでした。(口にはしていません·笑)「自分は仕事なんかよりも家庭の方が大事です。仕事はいくらでも替えが効く。

子育ての目的“自信”を植え付け“やる気”を持たせる事
子育ての目的“自信”を植え付け“やる気”を持たせる事

でも家庭には替えはありませ今は、男性の子育て参加も推奨してくださっている企業も増えましたし、「自分も緒になって子育てをするんだ!」と思ってくれる男性が増えた事を私は何より嬉しく思います。私のホームページを御覧になる方、講座を学んで下さる方の中にも男性が増えました。また、増えると同時に「あ、これはちょっと注意してほしいな」と思う事も出てきました。ですからこのでは、お父さんが子育てに参画するにおいて、こんな事に気を付けてもらうといいですよというお話をさせて頂こうと思います。そのお願いの1番目に挙げるとするのなら「先生にならないで」という事です。

しつけようとしているんです
また、お調子者ゆえに、周りからの期待に必ず応えようとします。し、その反応を確かめています。うまくいくかは別として、周りからどのように見られているかをよく理解しています。周りに向かって過剰にアピールしますそのタイミングで周りから良い反応や笑いが起こったりしたら、そりゃもう!大興奮です!その期待値のさらに上の期待にこたえようとします。どんどんエスカレートしていきます。「そのあたりでやめとけばいいのに!」とお母さんはよく思います。なんでも加減が大切と。

しかし残念ながら、男の子にはその微妙な加減の調整機能がついていません。お母さんがガスコンロでご飯を炊いているのに対して、お母さんの火加減調整能力は、男の子にはありません。男の子はぶっとい薪でキャンプファイヤーのようにご飯を炊いていると思ってください。勢いの良い火の中で最初は良い感じのご飯も、やがて黒焦げになるでしょう。「その手前でやめておけばいいのに!」とお母さんは息子を見て何度思ったことでしょうか。